セミナー・勉強会・イベント情報が無料で掲載、簡単に探せる。

2022/05/20 7/19開催:IPO準備における内部監査

開催日 2022年07月19日
開場時間 18:25
開催時間 18:30〜20:10
申込期限 2022年07月18日
セミナー概要 2021年のIPO社数は125社と、2007年の121社以来14年ぶりに100社を上回り、証券取引所の市場区分再編とも相まって、IPOマーケットは活況となっています。
IPO準備では内部監査の実施が必須事項として求められますが、会社が小規模かつ管理機能自体が未成熟なことが多い上に社内規程の策定などの体制づくりも並行して進むため、監査の深さや方法に悩むケースが多発します。
本セミナーでは上場に向けての内部監査のコツや要件を解説するとともに、上場後に向けてどのような姿勢で内部監査を継続すればよいかを解説します。
参加費 2,000
セミナー内容

■主な内容
・上場準備の中での内部監査の特徴や位置づけ
・上場準備の中での内部監査の要件
-内部監査体制
-監査範囲
-監査方法
-監査報告
・実施上のコツ
-具体的な監査ステップ
-テーマ監査か部署別監査か
-J-SOXとの関係
-監査のアウトソーシング
-監査役監査との関係
-監査法人との関係

■対象者
以下のような方に好適なセミナーです。
・これからIPO準備を始めるまたは準備中の方
・IPO準備時の内部監査方法に悩む方
・IPO準備企業の管理機能の向上を推進したい方
・管理機能が未熟な会社の内部監査に関わっている方

■講師略歴
三木 孝則 氏
東京大学在学中に公認会計士試験に合格。その後、1997年10月より青山監査法人に5年勤務。多様な業種(製造業、サービス業、ホテル業、保険業等)における財務諸表監査(日本基準、米国基準、IAS(現IFRS)等)を経験する。その他、システム監査やデューデリジェンスにも従事。
その後、2003年1月から監査法人トーマツに転職し、内部統制や内部監査の専門部署であるエンタープライズリスクサービス部にて7年9ヶ月勤務。国内外の企業の内部監査や内部統制の導入コンサルティングやコソーシング、リスクマネジメント、システムに関わる業務改善等に主任として従事する。また、トーマツ内のJ-SOX対応ツールの作成に携わった。
2010年10月より独立し、株式会社ビズサプリを設立。IFRS導入支援やIPO支援等のコンサルティングを展開しつつ、現在に至る。

【セミナー講師等】
「内部統制報告制度の『悩ましい』ポイントへの対処」(日本公認会計士協会)
「業績向上に役立つ財務会計と管理会計」(日本バリューエンジニアリング協会)
「海外子会社の内部統制と管理体制づくり」(みずほリサーチ&テクノロジーズ)他

【著書】
統制環境読本(翔泳社)
IFRS決算書分析術(阪急コミュニケーションズ)、他

添付データ
定員 300
会場名 Zoom
会場マップ
備考欄
申込方法

お申込みはこちら

お問合せ先 03‐4405‐9932
TOPへ